フランチャイズのメリット

フランチャイズとはどんなものか

ビジネスを始めて運営をしていく中には商品開発や広告宣伝やサプライチェーンなど様々な要素を整えてビジネス全体の仕組みを構築していく必要があります。この仕組みを一から構築していくのは大変な事ですが、これをパッケージ化してオーナーに提供するのがフランチャイズです。
フランチャイズを運営する本部はオーナーにこの仕組みを提供して参入後すぐにビジネスを始める事ができるようにサポートする代わりに加盟店から一定のロイヤリティを受け取ります。加盟店のオーナーとフランチャイズを展開する本部は委託契約を結ぶ関係になります。
加盟店との間で発生するロイヤリティ等に関しては加盟時の契約で決められて、固定額で支払われるケースもあればパーセンテージで支払われる事もあります。

フランチェイズに加盟するメリット

フランチャイズに加盟してビジネスを始めた場合はパッケージ化されたビジネスのシステムを本部に与えてもらえます。その為その分野での経験がなくてもすぐにビジネスを開始できるメリットがあります。商品開発や店舗の構築などを一から行う必要がない事は新規参入するオーナーにとっては大きなメリットです。
新規参入する時は最初から知名度や信頼度のあるブランドを使う事はできませんが、フランチャイズに加盟する場合は本部の既存のブランドを使用できます。
ビジネスを始めてから利益を出すには集客ができなくはいけません。フランチャイズ以外では独自で広告宣伝などを行って集客をする必要がありますが、フランチャイズの場合は本部が全店に対して広告を行うなどして集客支援をしてもらえるメリットもあります。