フランチャイズの収支保証の仕組み

事前に収支を保証して返済計画などを立てる

個人事業を行うとき、ある程度の資金があるなら完全に一から始めるのも方法の一つです。しかし資金がないと借り入れなどが必要になります。金融機関などから借りられないときは、そのまま話は流れます。この時に検討したいのがフランチャイズへの加盟です。オーナーとして店を持てますが、フランチャイズ契約をして一定の支援が受けられます。当初の資金や運転資金などを借りられ、将来的に利益から返済ができます。この時収支保証を設定してくれるところがあります。一定の利益を事前に保証し、その中のいくらをオーナーに渡し、いくらを返済に充てていくのかなどを決められます。資金が無くて借入から始めたとしても、計画的に返済ができるようになります。収支保証の内容は必ずしも固定的ではなく、返済が進めば内容を変更できます。細かい仕組みは、本部によって異なります。

売上に関するサポートを受けられる

会社に勤務すれば、その会社の指示に従って仕事をします。あくまでも社員の一員として働き、会社から給料を受ける形式で所得を得ていきます。独立すれば、すべて自分の判断で決められ、利益の中から自分の所得が得られます。業績が良ければもちろん所得も増えますが、給料ではないので悪ければ所得はどんどん減ります。生活が厳しくなるかもしれません。フランチャイズの中には収支保証をしてくれるところがあります。ビジネスにもよりますが、いかに売り上げのきっかけがあるかになるので、本社の方から売り上げのサポートが受けられます。営業力がない時には、本社の方から客先を紹介してもらえ、それによって営業をしていきます。慣れてくれば自分で営業して行けるので、保証以上の売上があげられるようになります。慣れないときに営業をしてくれるサービスと言えるかもしれません。