そもそもフランチャイズとは何?

有名チェーンの一員として開業

独立開業を目指す人向けの情報サイトなどを見ていると、しばしば「フランチャイズ」という言葉を目にします。
未経験者でも比較的容易に開業が実現できるという評価の多いこのフランチャイズですが、そもそもフランチャイズとは何かというと、それぞれのお店が独立採算制を保ちながら全体として1つの店舗チェーンを形成する経営方式をいいます。
1軒1軒のお店は、まず運営本部とフランチャイズ契約を取り交わします。すると各店舗は○○ラーメン・××クリーニングなどの統一した商号を掲げて営業することが許されます。それと同時にさまざまな経営上のサポートが受けられるようになります。その見返りに、各店舗は月々の売上の中から一定のロイヤリティを本部に納入します。

多彩なサポートで安心経営

フランチャイズ方式が未経験者の新規開業に向いていると言われる理由は、本部から受けられるサポートの多彩さにあります。開業前の店長研修や技能研修に始まり、事業計画や資金計画に関するアドバイス、出店場所の選定に至るまで、多方面にわたって相談に乗ってもらえます。
また、開業後の事業運営についても、さまざまなノウハウが提供されます。たとえば中古品の買取専門店であれば、買取対象商品の相場情報や鑑定の仕方、買取品募集の宣伝広告など、全面的なバックアップが得られます。こうした情報や知識は、独力で開業するのであれば同業者のもとで修業するなどして時間をかけて取得していくのが普通ですが、フランチャイズであればマニュアルに基づいて短期間で身につけることが可能です。